VB.NET List 初期化 書き方パターン 空 配列 リスト

Listを初期化する時の記述方法は様々なパターンがありますので、
それぞれご紹介します。

'List 初期化パターン
Dim list1 As List(Of String) = New List(Of String)(New String() {"aa", "bb"})
Dim list2 As New List(Of String)(New String() {"cc", "dd"})
Dim list3 = New List(Of String)({"ee", "ff"})

'Fromを使った場合
Dim list4 As List(Of String) = New List(Of String) From {"AAA", "BBB"}
Dim list5 As New List(Of String) From {"CCC", "DDD"}
Dim list6 = New List(Of String) From {"EEE", "FFF"}

'空のListを作成
Dim list7 As New List(Of String)()
list7.Add("GGGG")
list7.Add("HHHH")

'要素数を指定
Dim list8 As List(Of String) = New List(Of String)(New String(1) {"IIIII", "JJJJJ"})
Dim list9 As New List(Of String)(New String(1) {"KKKKKK", "LLLLLL"})

'配列からListを作成
Dim array() As String = {"MMM", "NNN"}
Dim list10 = New List(Of String)(array)

'既存Listから新Listを作成
Dim list11 = New List(Of String)(list10)


List初期化の記述方法はどれを使っても問題ありません。

また、Fromを使った方がより分かりやすくなるのでオススメです。

初期化時に要素数を指定する事もできますが、
あえて指定する意味は無いかも知れません。

配列からListを作ったり、ListからListを作る事も可能です。

タイトルとURLをコピーしました