VB.NET Do Loop文の使い方 繰り返し処理

今回は、同じような処理を何回もやる場合に重宝する方法があるので、
早速やってみましょう。

1から10までの数を全部足して表示するプログラムを作ってみましょう。

Sub Main()
    Dim a As Integer = 0
    Dim i As Integer = 1

    Do
        a = a + i
        i = i + 1
    Loop Until i > 10

    Console.WriteLine("1から10の合計は{0}です", a)
End Sub

プログラムを実行すると、以下のようになります。

1から10の合計は55です

繰り返し文のDo Loop文が登場です。

Do 
      a = a + i
      i = i + 1
Loop Until i > 10

「i が10より大きいなら」ループを抜ける。と言う意味になります。

プログラムの流れは、以下のフローチャートで表しました。

上記図のように繰り返し処理が実行されます。

タイトルとURLをコピーしました