VB.NET 簡易If文の使い方 If文が1行で書ける

If文と似た動作をするIf演算子と言うものがあります。

例)
      Dim x As Integer

      If x > 3 Then
            x = 5
      Else
            x = 8
      End If

      x = If(x > 3, 5, 8)

この例で使用されているIf文と
x = If(x > 3, 5, 8) の式は、全く同じ動作をします。

If演算子は、関数のような意味を持っています。

第1引数には、真偽値を表す条件式など。
第2引数には、条件が真の時の値。
第3引数には、条件が偽の時の値を設定します。

If文よりも簡潔に記述する事が可能となっています。

通常のIf文では、長ったらしくなってしまう場合に使うと
スッキリした感じになりますので、そういった時に使います。

タイトルとURLをコピーしました