Java if文の簡単な使い方

今までは、プログラムが1本道で実行する形式でしたが、
今回は、xxxの場合は○○○の処理、
zzzの場合は△△△の処理をする。

といったプログラムを作ってみます。

例えば、テストの結果が80点以上なら合格、
80点未満だったら不合格と言った感じです。

import java.util.*;

public class Cmain {

      public static void main(String[] args) {
            int a;

            Scanner scan = new Scanner(System.in);

            System.out.printf("テストの結果を入力して下さい。" +
                        "(0-100点)\n");
            a = scan.nextInt();

            if ( a >= 80) {
                  System.out.printf("おめでとう!合格です\n");
            } else {
                  System.out.printf("残念ながら不合格です\n");
            }
      }
}

プログラムを実行すると以下のようになります。

入力する時は、コンソールと言う項目を
クリックしてから数値を入力してください。

入力後は、Enterを押してください。
成功すると上記のように表示されます。

なお、数値以外を入力すると、現段階ではエラーが出ます。

System.out.printf("テストの結果を入力して下さい。" +
            "(0-100点)\n");

上記の文では、+記号を使い、
複数行に渡って記述できるようにしています。

新しい記述が出てきました。

if ( a >= 80)

ifと言うのは、もし・・・だったらと言う意味です。

この場合は、「変数aが80以上の場合」と言う意味となります。
そしてその場合、合格の文が実行されます。

elseは、ひとつ上のif文の比較式が正しくなかったらという意味です。
この場合は、「変数aが80以上・・・ではない場合」と言う意味となります。
そしてその場合、合格の文は実行されず、不合格の文だけが実行されます。

この制御構文を一般にイフ文と表現します。

先頭行の import java.util.*; と言う記述は、
パッケージ機能を使っています。
詳しく知りたい場合は、パッケージとは?をご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました