C言語 エスケープシーケンスの使い方

エスケープシーケンスは、普段目に見えない文字コードを表す時や、

“”(ダブルクォーテーション)の中に

ダブルクォーテーションを使いたい時などに使用します。

(¥文字は環境によってはバックスラッシュで表示されるかもしれません。)

エスケープシーケンス文字表

表記意味対応文字コード変換後の表記
\n改行0x0A改行
\tタブ0x09タブ
\\\マーク0x5C\
\”二重引用符
ダブルクォーテーション
0x22
\’一重引用符
シングルクォーテーション
0x2C
\??マーク0x3F?
\0文字列終端文字0x000
\ooo8進数
\xhh16進数
#include <stdio.h>

void main(void) {

      // 目に見えない文字コード
      printf("hello\n");      // 改行
      printf("hello\t");      // タブ
      printf("hello\0");      // 文字列終端文字

      // 目に見える文字コード
      printf("hello\");      // コンパイルエラー
      printf("hello\\");      // 出力= hello\

      printf("hello?");      // 出力= hello? (推奨されない書き方)
      printf("hello\?");      // 出力= hello?

      printf("hello%");      // 出力= hello (printf関数のみ)
      printf("hello%%");      // 出力= hello% (printf関数のみ)

      printf("hello");      // 出力= hello
      printf("\"hello\"");      // 出力= "hello"
      printf("0x%x", ''');      // コンパイルエラー
      printf("0x%x", '\'');      // 'の文字コードを出力
                              // 出力= 0x27

   printf("\65");      // 8進数表記 出力= 5
   printf("\x35");      // 16進数表記 出力= 5
}
タイトルとURLをコピーしました