VB.NET Splitの使い方 改行 空白 配列 カンマ 文字列 List 分割

「指定された文字列」で「文字列」を区切るsplitの使い方をご紹介します。

カンマで区切る

Dim str As String = "111,文字列,888"
Dim ret As String()

ret = Split(str, ",")

For Each s As String In ret
    Console.WriteLine(s)
Next
111
文字列
888

split関数の使い方は簡単で、
第1引数に「文字列」
第2引数に「区切り文字」を指定します。

戻り値として、「区切り文字」で区切られた文字列が配列で返ります。

改行で区切る

Dim str As String = "111" & vbCrLf& "文字列" & vbCrLf & "888"
Dim ret As String()

ret = Split(str, vbCrLf)

For Each s As String In ret
    Console.Write(s)
Next
111文字列888

改行は、VB.NETでは一般的にvbCrLfで表されます。

場合によっては、vbCrやvbLfが使われる事もあります。

空白で区切る

Dim str As String = "111 文字列 888"
Dim ret As String()

ret = Split(str, " ")

For Each s As String In ret
    Console.WriteLine(s)
Next
111
文字列
888

空白で区切る時は、空白文字をそのまま指定します。

文字列で区切る

Dim str As String = "111スプリット文字列スプリット888"
Dim ret As String()

ret = Split(str, "スプリット")

For Each s As String In ret
    Console.WriteLine(s)
Next
111
文字列
888

指定の文字列で区切りたい時も、そのまま指定すればOKです。

ダブルクォーテーションで区切る

Dim str As String = "111""文字列""888"
Dim ret As String()

ret = Split(str, """")

For Each s As String In ret
    Console.WriteLine(s)
Next
111
文字列
888

「ダブルクォーテーションで括られた文字列」の中で
ダブルクォーテーションを扱う場合は、
ダブルクォーテーションを2回書く事によって、
ダブルクォーテーション1つを表す事ができます。


スポンサーリンク

区切られた配列をListに変換する

Dim str As String = "111,文字列,888"
Dim ret As String()

ret = Split(str, ",")

Dim listA As List(Of String) = ret.ToList

For Each s As String In listA
    Console.WriteLine(s)
Next
111
文字列
888

カンマで区切った文字列の配列を
Listにコピーして出力するサンプルです。

タイトルとURLをコピーしました