C言語 ビット演算とは?

今回は「ビット演算」について解説します。

変数は、メモリ上に確保されます。
そのメモリの単位は、ビット、バイト、キロバイト等です。

例えば、char a; と変数宣言すると、1バイト分の領域がメモリ上に確保されます。

1バイトと言う事は、8ビットですね。

そして、a = 10; と言う処理を行うと、次のようにビットが配置されます。

変数a = 0の場合:0000 0000
変数a = 10の場合:0000 1010

要するにビット演算とは、このビットの計算の事です。

変数a = 10のような処理の場合は、ビット自体は気にしなくても良く、
10と言う数字が大事なんですが、
ビット1つずつに意味を持たせたい場合があるので、そういった時に使います。

また、ビット演算対象は、整数でなければなりません。

ビット演算の種類

ビット演算には、AND(アンド)、OR(オア)、XOR(エックスオア)、
ビットの反転(補数)、シフトがあります。

AND(アンド)

AND(&)は、演算対象の両方のビットが1の時だけ結果が1になります。

値1値2演算結果
000
010
100
111
a = 0x0F & 0x55;
    0000 1111
  & 0101 0101
--------------
    0000 0101 演算結果:0x05

AND演算の使いどころとしては、他のビットの値を変えずに
どこかのビットだけを0にしたい時などです。

OR(オア)

OR(|)は、演算対象のひとつだけでもビットが1の時は、結果が1となります。

値1値2演算結果
000
011
101
111
a = 0x0F | 0x55;
    0000 1111
  | 0101 0101
--------------
    0101 1111 演算結果:0x5F

OR演算の使いどころとしては、他のビットの値を変えずに
どこかのビットだけを1にしたい時などです。

スポンサーリンク

XOR(エックスオア)

XOR(^)は、演算対象が異なる場合のみ、結果が1となります。

値1値2演算結果
000
011
101
110
a = 0x0F ^ 0x55;
    0000 1111
  ^ 0101 0101
--------------
    0101 1010 演算結果:0x5A

XOR演算の使いどころとしては、他のビットの値を変えずに、
どこかのビットだけを反転させたい時などです。

ビット反転(補数)

ビット反転(~)は、演算対象のビットを全て反転させます。

結果
01
10
a = ~0x05
~ 0000 0101
-------------
   1111 1010 演算結果:0xFA

これは、特に説明はいらないと思います。

シフト

シフト処理は、ビットをずらす処理です。

左シフト

左シフトは、その名の通り、ビットを左へずらす処理を行います。
左端のビットは切り捨てられ、右端のビットには、0が入ります。

a = 0x05 << 1   ずらす数を指定する

0000 0101 << 1
--------------
0000 1010 演算結果:0が新しくシフトイン

右シフト

右シフトは、その名の通り、ビットを右へずらす処理を行います。
左端のビットには、符号ありの場合は、
0か1のどちらが入るか分かりませんが、
符号なしの場合は、0が入ります。

a = 0x05 >> 1 ←ずらす数を指定する。
0000 0101 >> 1
---------------
?000 0010 演算結果:0x02 右端のビットは切り捨て

シフト処理には、正の整数に限り、次の関係が成り立ちます。

左に1ビットシフトすると、値が2倍となる。
右に1ビットシフトすると、値が1/2となる。


また、シフト処理をする場合は、基本的に符号なし変数を使うようにすると、
プログラムが分かりやすくなります。


以上、ビット演算の簡単な説明でした。

タイトルとURLをコピーしました