VB.NET 計算 足し算 引き算 かけ算 割り算【初心者用】

今回は計算するプログラムを作ってみましょう。

Sub Main()
        Dim a As Integer = 10
        Dim b As Integer = 2
        Dim c As Integer = 0

        c = a + b
        Console.WriteLine("{0} + {1} = {2}です", a, b, c)

        c = a - b
        Console.WriteLine("{0} - {1} = {2}です", a, b, c)

        c = a * b
        Console.WriteLine("{0} * {1} = {2}です", a, b, c)

        c = a / b
        Console.WriteLine("{0} / {1} = {2}です", a, b, c)

    End Sub

プログラムの実行結果は以下のようになります。

10 + 2 = 12です
10 - 2 = 8です
10 * 2 = 20です
10 / 2 = 5です

それぞれ、足し算、引き算、掛け算、割り算をやって
計算結果を表示しています。

掛け算は、*(アスタリスク)、割り算は、/(スラッシュ)を使います。

また、結果を表示する部分のコードでは、{}を3つ使っています。

Console.WriteLine("{0} + {1} = {2}です", a, b, c)

{}の中の数字は、
その後に書いてある変数の何番目の変数を表示するかを指定します。
変数の順番は、0(ゼロ)から数えます。

{数字}の部分に、変数の値が置き換えられて表示されます。


これで、四則演算ができるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました