Java class クラスとは?

Javaには、クラスと言う機能があります。

プログラム開始地点のmain関数もクラスの中に含まれています。

Javaプログラムはクラスの集まりです。

プログラムは、全てクラスの中に書く事になります。(例外はあります。)

クラスの外に変数や関数を置く事はできません。

クラスの中には、複数の変数複数の関数を含める事ができます。

それゆえに、クラスは、
クラス1つで単独の機能・仕事を行うのに適しています。

通常のデータ型変数と違い、クラスは、変数や関数を含む複合体なので、
クラスをオブジェクトと表現する事もあります。

クラスの記述方法

クラスの定義には、キーワードclassを使います。

そして、変数や関数を書いていきます。

クラス内に宣言される変数や関数をクラスメンバと呼び、

それぞれ、メンバ変数メンバ関数と呼びます。

フィールドメソッドと呼ぶ場合もあります。

class hito {
      int age;
      int sinchou;
      int taiju;

      void show_age() {
            System.out.printf("年齢は%dです\n", age);
      }

      void show_sinchou() {
            System.out.printf("身長は%dです\n", sinchou);
      }

      void show_taiju() {
            System.out.printf("体重は%dです\n", taiju);
      }
}

クラスの使い方

クラスの内容を書いただけではプログラムから使えません。

使えるようにするには、
そのクラスの実体を確保する必要があります。

実体を作るには、newキーワードを使い、
次のように記述します。

hito satou;               // クラスhito型の変数satouを宣言。
satou = new hito();       // クラスhitoの実体を確保し、
                          // その参照をsatouに代入する。



また、短縮型として次のような記述も可能であり、こちらの方がスマートです。

hito satou = new hito();

これにより、hito型クラスの実体が確保され、
satouと言う変数で扱えるようになります。

確保されたクラスの実体の事をインスタンスと呼びます。

クラスの使い方は以下のような感じになります。

hito satou = new hito();      // hito型オブジェクトの作成

satou.age = 20;               // メンバ変数に代入
satou.sinchou = 170;          // メンバ変数に代入
satou.taiju = 60;             // メンバ変数に代入

satou.show_age();             // メンバ関数呼び出し
satou.show_sinchou();         // メンバ関数呼び出し
satou.show_taiju();           // メンバ関数呼び出し
タイトルとURLをコピーしました